ホームバーネットヒルのご案内御予約のご案内空室状況アクセス | リンク





四季

標高は1130メートル。南に向かって傾斜する土地なので、
春の新緑は南側からバーネットヒルに向かって
次第にのぼって来るのが見える。新緑前線はここを越え、さらに北上する。

   
野鳥の種類も多い。冬から春の盛りまではバードフィーダーに餌を置いて
彼らの食事を部屋から眺める。5月には周辺の木に掛けた巣箱に
エナガやシジュウカラ等が巣籠もりする。
    春の山桜は見事だ。西側の湿地には野花しょうぶも咲く。
夏にはカブトムシやクワガタが姿を見せる。
そして8月の終わりから9月にかけて咲くのは
吾木香
(この野草がバーネットヒルの名前の由来です)

    
 秋のアカトンボの大群には息を呑む。
10月終わりから11月の紅葉もまた見事だ。
春の到来と同じく、冬の到来も大パノラマ。
      新緑とは反対に紅葉は北から降りてくる。バーネットヒルを通り過ぎ、
さらに南へと伝わるように降りて行くのが見える。
暖炉をくべながら、窓の雪景色を見るのも格別だ。
キツネ、イタチ、ノウサギ、
ホンドリス、シカ、ヤマネもその可憐な姿を見せる。
   新潮社刊 「シンラ」 1994年7月号

牧草地に咲く山桜
バーネットヒル入り口の牧草地に咲く山桜


ダイニングホール前の山桜 庭園入り口のクレマチス
5月、ダイニングホール前の
テラスから見た山桜
6月、庭園入り口の
クレマチス・モンタナ


秋のバーネットヒル
10月中旬から
樹木は色づき始めます


庭の紅葉


新雪にさす朝日の中、
リスの足跡を見つけに・・・


戻る



ホームバーネットヒルのご案内御予約のご案内空室状況アクセス | リンク集サイトマップ